インドネシア語のbandotはどういう意味ですか?

インドネシア語のbandotという単語の意味は何ですか?この記事では,完全な意味,発音,バイリンガルの例,インドネシア語でのbandotの使用方法について説明しています。

インドネシア語bandotという単語は,ゴート, ヤギ, 女たらしを意味します。詳細については,以下の詳細をご覧ください。

発音を聞く

単語bandotの意味

ゴート

noun

ヤギ

noun

女たらし

noun

その他の例を見る

Di ayat ini sang rasul mengutip dari Mazmur 140:3, ”Bisa ular-bandotan-bertanduk ada di bawah bibir mereka.”
使徒はここで,詩編 140編3節の「つのまむしの毒液がその唇の下にあります」という聖句を引用しています。
Raymond Ditmars melaporkan bahwa ular-bandotan-bertanduk (Cerastes cornutus) terdapat di Afrika Utara, dari Aljazair sampai Mesir, dan juga di Arab serta Palestina Selatan.
レイモンド・ディトマーズの報告によれば,ツノマムシ(Cerastes cornutus)は,アルジェリアからエジプトにかけての北アフリカと,アラビアやパレスチナ南部に分布しています。
Dengan mengintai seperti seekor ular-bandotan-bertanduk, ia seolah-olah dapat memagut tumit kuda yang ditunggangi seorang prajurit musuh sehingga kuda itu akan mendompak dan menjatuhkan si penunggang ke belakang.
彼はつのまむしのように待ち伏せて,言わば,敵の戦士を乗せた馬のきびすをかみ,馬を後ろ足で立たせて,乗り手を後ろへ振り落とさせることができました。
Ular-bandotan-bertanduk, yang tanggap dan sangat gesit dalam menyerang, telah dikenal suka menyerang kuda; oleh karena itu, perbandingan yang diberikan di Kejadian 49:17 mengenai suku Dan dengan ”ular tanduk” sangat cocok.
ですから,創世記 49章17節でダンの部族が「つのへび」と比較されているのは実に適切です。
Jadi, meski kecil, Dan akan menjadi sama berbahayanya seperti seekor ular-bandotan-bertanduk bagi para pengganggu Israel.
ですから,ダンは小さくても,イスラエルを悩ませる者にとっては,つのまむしのように危険な存在でした。
ular-bandotan-bertanduk: it-2 1109
つのまむし: 洞‐2 320
Oleh karena itu, ular kecil yang berbisa yang disebutkan di Roma 3:13 pastilah ular-bandotan-bertanduk.—Lihat ULAR-BANDOTAN-BERTANDUK.
したがって,ローマ 3章13節に出ている毒へびは,つのまむしであるに違いありません。
Kata Ibrani lainnya (roʼs, atau rohs) digunakan untuk ”racun” atau ”bisa” kobra, air ”beracun”, dan ”tanaman beracun”.—Ul 32:32, 33; Ayb 20:16; Yer 8:14; 9:15; 23:15; Rat 3:19; lihat KOBRA; TANAMAN BERACUN; ULAR-BANDOTAN-BERTANDUK.
ヘブライ語の別の言葉(ローシュ)は,コブラの「毒」もしくは「毒液」,「毒の」水,「毒草」などを指して用いられています。 ―申 32:32,33; ヨブ 20:16; エレ 8:14; 9:15; 23:15; 哀 3:19。「 コブラ」; 「つのまむし」; 「毒草」を参照。
Jauh tinggi di atas, elang dan burung pemangsa lain terbang berputar-putar di langit yang tak berawan (Ul 32:10, 11), sedangkan ular-bandotan-bertanduk dan ular panah merayap di atas bukit batu dan di bawah semak, kadal pasir berlari ke sana kemari, serta biawak besar bergerak lambat dengan kaki-kakinya yang pendek dan sangat kuat.
創 21:33)頭上では鷲や他の猛きん類が雲一つない空を旋回し(申 32:10,11),つのまむしや矢へびが岩の上や茂みの下を滑るように進み,すなとかげが素早く走り,大きな大とかげが短くて強力な足を使って重々しく動いていました。(
Ada sekitar 100 spesies ular bandotan-bercelah, termasuk ular kepala tembaga, ular derik, dan ular mokasin air.
マムシには,アメリカマムシ,ガラガラヘビ,ヌママムシなど,約100種がいます。
Pemahat eksentrik lainnya yang memahat lewat cara jalannya yang aneh, namun tidak kasar, adalah ular bandotan Péringuey.
それほど荒々しくはありませんが,おもしろい技法を用いる別の風変わりな彫刻家は,ヒメパフアダーです。
Ya, ular bandotan-bercelah dan ikan hiu adalah contoh satwa dengan indra khusus yang tidak dimiliki manusia.
マムシやサメは,人間にない特殊な感覚を持っている動物の一例です。
Tetapi, ia tidak mengantisipasi kesanggupan ular bandotan-bercelah untuk ”melihat” radiasi panas dari tubuh tikus yang hangat —salah penilaian yang fatal.
しかし,ネズミの温かい体から発せられる熱を“見る”ことができるマムシの能力を計算に入れていません。 致命的な判断ミスです。
Akan tetapi, ular bandotan-bercelah mempunyai dua organ kecil, atau celah, di antara mata dan lubang hidungnya yang mendeteksi radiasi sinar inframerah.
しかしマムシの目と鼻の間にあるピットという二つの小さな器官は,赤外線を感知できます。

インドネシア語を学びましょう

インドネシア語bandotの意味がわかったので、選択した例からそれらの使用方法と読み方を学ぶことができます。 そして、私たちが提案する関連する単語を学ぶことを忘れないでください。 私たちのウェブサイトは常に新しい単語と新しい例で更新されているので、インドネシア語であなたが知らない他の単語の意味を調べることができます。

インドネシア語について知っていますか

インドネシア語はインドネシアの公用語です。 インドネシア語は、1945年にインドネシアの独立宣言で公式に識別された標準的なマレー語です。マレー語とインドネシア語はまだ非常に似ています。 インドネシアは世界で4番目に人口の多い国です。 インドネシア人の大多数は流暢なインドネシア語を話し、その割合はほぼ100%であるため、世界で最も広く話されている言語の1つになっています。

© Copyright 2021 - 2022 | kanzennaimi.com | All Rights Reserved